朝鮮人労働者を追悼 飯塚市の無窮花堂、30人参加

 筑豊の炭鉱で働いた朝鮮半島出身者の無縁仏を納めた「無窮花(ムグンファ)堂」(福岡県飯塚市庄司)前で、追悼式が開かれた。参加者は母国から遠く離れた地で亡くなった労働者をしのびながら、共生社会の実現を訴えた。

 無窮花堂は21年前、飯塚霊園内に建立された。母国に戻ることなく亡くなった...

残り 291文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR