ホークス新監督に藤本氏 2軍監督、11年間の指導経験に白羽の矢

 プロ野球ソフトバンクの次期監督に藤本博史2軍監督(57)が就任する見通しであることが22日、分かった。今季限りで辞任する工藤公康監督(58)の後任候補には小久保裕紀ヘッドコーチ(50)らが挙がったが、球団は11年続けて1、2、3軍で指導者を歴任した藤本氏に託する方針を固めた。レギュラーシーズン全日程終了翌日の26日にも発表される見通し。

 チームは8年ぶりのBクラスが濃厚。工藤監督の辞任の意向に伴い、球団では急ピッチで後任人事を進めてきた。今季の低迷はベテランの不振も一因で、チームは過渡期にある。その状況で、若手の育成、指導に豊富な経験を持つ藤本氏への要請を行った。

 藤本氏は2011年にソフトバンクの2軍打撃コーチに就任し、1、2軍で打撃コーチを歴任。19年から3軍監督、今季は2軍監督を務めた。11年には当時新人だった柳田悠岐を指導。今季はリチャードら成長著しい若手を1軍に送り込んだ。また1軍打撃コーチとしてもリーグ優勝と日本一を経験しており、世代交代を進めながら勝つ難題を任せる上でも適任という見方が強い。

 藤本氏は大阪府出身。奈良・天理高から1982年にドラフト4位で南海(現ソフトバンク)に入団。現役時代は右打ちの内野手でダイエー時代は主力打者だった。98年途中にオリックスへ移籍し、同年限りで現役引退。西日本スポーツ評論家を経て、ソフトバンクで指導者となった。

関連記事

PR

PR