地場の排出削減を後押し 住友商事九州、新営業組織で次世代事業開拓

【脱炭素社会へ2050】

 持続可能な社会に向け「脱炭素」が世界の潮流となっている。岸田文雄首相は、前政権が掲げた2050年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」目標を継承する。経済界はどう対応していくのか。今月末から英国で地球温暖化に関する国際会議(COP26)も始まる。九州の地場企業など各社に取り組みを聞く。...

残り 1524文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR