コロナ対策に現場の声を 看護師や商店主疲弊 「政治がビジョンを」

 次々とベッドが埋まった。新型コロナウイルスのデルタ株が猛威を振るった第5波。県内では8月18日に過去最多となる182人の感染が確認され、病床使用率は最大で65・5%まで上昇した。

 「超過勤務が増え、現場は疲弊している」。コロナ患者が入院する県内の病院で働く30代の男性看護師の声は沈む。

 男性が...

残り 913文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR