オリーブの収穫、壱岐で最盛期 「品質例年並み」

 壱岐市郷ノ浦町の壱岐オリーブ園(立山明徳社長)でオリーブの収穫が最盛期を迎えた。従業員など約20人が、高さ約3・5メートルの木になっている大きいもので長さ約2センチの実を丁寧に手摘みしていた。

 園は広さ8ヘクタールで10品種、7千本を栽培する。オイル用の収穫作業は9月中旬から始まり、今月末までで...

残り 134文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR