『最後の決闘裁判』 3人の証言 真実を決めるのは

 「決闘裁判」は、中世の西欧で広く行われた裁判制度。法廷での争いに決着がつかなければ、原告・被告双方が決闘で勝敗を決める。背景には「神の審判が勝者を決める」という思想があった。本作は、14世紀のフランスが舞台。史実を基に、当事者3人それぞれの証言を描き、黒澤明監督の映画「羅生門」と同じ手法を取ってい...

残り 599文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR