8年ぶりクライマックスなきタカの秋 4位確定、日本シリーズ5連覇消滅

 プロ野球パ・リーグのソフトバンクは23日、仙台市の楽天生命パーク宮城で行われた楽天戦に1‐8で敗れ、2試合を残して今季のレギュラーシーズンの成績が4位で確定。クライマックスシリーズ(CS)出場を逃し、日本シリーズ5連覇の可能性が消えた。CSに進出できなかったのは、4位だった2013年以来8年ぶり。

 15年から指揮を執った工藤公康監督(58)は今季限りで辞任し、次期監督には藤本博史2軍監督(57)が就任する見通し。楽天の3位も確定し、CS出場チームはオリックス、ロッテ、楽天となった。

関連記事

PR

PR