偽電話詐欺防止に中学生考案の標語 福岡東署、交番に掲示

 偽電話詐欺の被害が増えていることを受け、福岡東署は12日から、中学生が考えた被害の未然防止を訴える標語を交番などに掲示する取り組みを始めた。

 同署によると、管内では1月~8月末までに偽電話詐欺被害が24件発生。県内35署で最多といい、被害額は計約2700万円に上るという。大手百貨店の従業員を装い...

残り 230文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR