同性との「距離」を愛して 綿矢りさ『生のみ生のままで』

酒井信さん寄稿

 秋田県湯沢市の温泉付きリゾート・ホテルで、互いの彼氏を通して知り合った女性2人の恋愛を描いた作品である。「初めて女性と付き合って分かったのは、男性と付き合うときよりも、混ざり合ったとき圧倒的に雑味が少なく、純度が高いということだった」など、男性との付き合いと比較した上で、女性同士の...

残り 1646文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR