陶都・有田は変革の好機 岩尾俊兵【随筆喫茶】

 20年前の小学生のころ、佐賀県有田町の有田陶器市で友達と小さな露店を開いた。といっても図書館司書の先生宅の玄関先を貸してもらい、格安で仕入れた訳アリ品を売るだけ。でもみんなの目はきらきらしていた。有田に住む少年にとって陶器市は挑戦の気風に満ちたお祭りだった。思えばこれが私が経営学者として歩む最初の一歩だったかもしれない。

 そんな陶器市が昨年から2年連続で中止になった。代替案のWeb陶器市は全国的に話題になったが、...

残り 1077文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR