飯塚の園児が分散イモ掘り

 近畿大九州短大付属幼稚園(福岡県飯塚市菰田東)の園児が20日、園や同短大の畑でイモ掘りを体験した。

 園では毎年、食育の一環として園児がサツマイモの苗植えや収穫体験を行ってきた。新型コロナウイルス禍の昨年から収穫だけにし、栽培は教員が担当。園児は教室から様子を観察したり、絵本や紙芝居で成長の過程を学んだ...

残り 213文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR