全盲の美術鑑賞者、白杖は剣のごとし

全盲の美術鑑賞者、白鳥建二さん(51)=水戸市=は各地の美術館を訪ね歩いてきた。生まれつき極度の弱視で20代半ばに全盲になった。色を見た記憶はほとんどない。彼は会話を通してアートを楽しむ▼見える人(晴眼者)に隣で語ってもらう。音声ガイドのような、作家の生涯や作品の意図は後回し。どんな色で何をどう描い...

残り 433文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR