万感の内村、ありがとう北九州 世界体操が閉幕 日本勢メダルラッシュ

 体操の世界選手権(西日本新聞社など協賛)の最終日は24日、北九州市立総合体育館で種目別決勝後半が行われ、日本勢のメダルラッシュで幕を閉じた。

 女子の平均台では芦川うらら(静岡新聞SBS)が日本女子最年少となる18歳で金メダルを獲得した。村上茉愛(日体ク)は東京五輪銅メダルの床運動で2度目の世界一...

残り 478文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR