【結んでひらいて@糸島】古民家がグローバル学生寮に

 都心を走る満員電車。それに揺られて通勤する大人たちの顔に元気がない。気づけば私もその一人だった。

 東京の会社員時代、齢30の時に「この命を燃やして社会に対して何ができるか」を問い直した。そして言語化したのが「社会に出てイキイキと活躍できる若者を増やし続けたい」という思いだ。

 2017年春に福岡...

残り 716文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR