中勘助「妹の死」

 文章の神様と云えば志賀直哉であるが、私にとっては中勘助である。高校時代、中の「銀の匙(さじ)」を読んだとき、訥々(とつとつ)としながらもその優しい文体に憧れてしまった。大人になって、よくもこんなに子供の世界が書けるものだと感動した。夏目漱石が絶賛した小説である。

 中は27歳の時、「銀の匙」を書い...

残り 575文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR