失った指先【クリアキ・カリブー 栗秋正寿29】

 ぼくの利き手である右手の人差し指は、第1関節から先がない。ぼくの登山経歴を知る人は、凍傷で指を落としたと思うのが普通だろう。そもそも、冬のアラスカ単独行を20年以上続けてきて、凍傷を負っていないほうが不自然でもある。

 1994年の秋、大学4年生だったぼくは、その後の人生を左右する大きな事故を起こ...

残り 728文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR