【無党派層に聞く①】安倍・菅政権の評価、野党の政権担当能力

 31日投開票の衆院選は中盤戦を迎え、各候補の論戦が熱を帯びている。1月の北九州市議選では都市部の小倉北区、八幡西区でそれぞれ無所属新人がトップ当選しており、衆院選福岡9区(若松区、八幡東区、八幡西区、戸畑区)、10区(門司区、小倉北区、小倉南区)でも、支持政党が無い「無党派層」の有権者の投票先が勝敗の鍵を握る可能性がある。そこで市内の無党派の5人に、テーマ別に政治や衆院選への思いを聞いた。1回目は「安倍、菅政権への評価と岸田政権への注文」「野党への評価。政権担当能力があると思うか」について。

...

残り 1054文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR