「シエスタ」「ジェンダー」幸袋校中学生がSDGsのまちづくり提言

 福岡県飯塚市の小中一貫校幸袋校の9年生(中学3年)約70人が、「持続可能な飯塚市を目指して」というテーマで、まちづくりのアイデアを片峯誠市長らに発表した。生徒は7月から授業の一環として、持続可能な開発目標(SDGs)の視点を取り入れた市の課題や解決策を4~5人のグループで考えてきた。...

残り 378文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR