「コメを倍作っても収入は倍にならん」米どころが求める農政の論戦

 秋の収穫を喜ぶ「新米の季節」が訪れたのに、農家の経営は厳しい。新型コロナウイルス禍でコメの価格が急落し、夏の長雨などで作柄も「やや不良」となるダブルパンチに見舞われたからだ。就業人口は減り、高齢化も進む農業の未来を政治はどう開くのか。衆院選で福岡8、11区の筑豊地区の農家は注視している。...

残り 1303文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR