「アプリで選挙情報を」若者の投票率アップへ 大学生と自治体首長議論

 若者の政治参加を目指すNPO法人「ドットジェイピー」は23、24日、若者の投票率をアップする方策を全国の大学生20人と自治体の首長らが話し合う「若者国会」をオンラインで開いた。熊本県内からは熊本学園大の学生3人が参加した。

 「現代の若者が投票に行きたいと思う仕組み」をテーマに、大津町と広島県安芸高田...

残り 328文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR