松浦市の地元劇団が新作披露 「デルキッサ・バタフライ」熱演

 長崎県松浦市の劇団HAGUMIは23、24日、同市志佐町の市文化会館で新作「デルキッサ・バタフライ」を披露した。

 作品は劇団を旗揚げした川下高広さん(50)による作・演出。川下さんのほか新加入した市職員の川田そらさん(23)や中学時代からの団員で高校2年の八汐亜美さん(17)、毎回の公演に参加する佐世...

残り 217文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR