どうなる?コロナ下の投票率 長崎県選管、啓発活動も「密回避」

 31日投開票の衆院選は後半戦に入った。新型コロナウイルス下での初めての国政選挙となり、各陣営の選挙運動だけでなく長崎県選挙管理委員会による啓発活動も「密回避」へと変化している。コロナ下の今回、投票率は果たして上がるのか、下がるのか-。

 衆院選における県内の投票率は戦後、70%前後を推...

残り 458文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR