「再審法改正を」県議会レベルでも 岩手が初の意見書、証拠開示など要求

 冤罪(えんざい)被害者や日本弁護士連合会などが求める再審法(刑事訴訟法の再審規定)の改正について、岩手県議会が速やかな法改正を国に求める意見書を可決した。全国の市町村議会での可決は5月時点の49から少なくとも60議会に増え、都道府県議会では初めて。大半の議会が、改正項目として(1)捜査機関が持つ証...

残り 758文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR