資本主義と社会主義 小出浩樹

 岸田文雄首相が唱える「新しい資本主義」は本来、経済学の新流派ができるほどの概念だろう。アベノミクスをはるかにしのぐスケールのはずだ。お手並み拝見である。

 ふと、対語に当たる「新しい社会主義」という言葉を思い出し、学生時代に読んだ古書を取り寄せた。

 週刊誌「朝日ジャーナル」(朝日新聞社)に197...

残り 895文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR