世界新体操選手の行動制限緩和 北九州市が徒歩移動容認、握手は自粛

 北九州市小倉北区で27~31日に開催される世界新体操の大会組織委員会は25日、新型コロナウイルス感染防止のための選手の行動制限を一部緩和し、会場間を徒歩で移動できるようにすると発表した。24日まで同市であった世界体操では、選手の移動はバスやハイヤーに限定。選手から行動制限のストレスを訴える声が上が...

残り 350文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR