みそ汁の物語 山本純子

 父の食事はみそ汁が必須。なので母は新婚時代からみそ汁を欠かさず作った。父は現役時代、飲んだ帰りに同僚をよく自宅に連れてきた。少し飲み直し、最後は「みそ汁を出してくれ」だった。

 すでに風呂にも入って化粧も落として寝衣姿の母は嫌な顔もせず、いりこからだしを取り、みそ汁を作った。冷凍食品や粉末調味料な...

残り 357文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR