雪見だいふく、銘菓「鶴乃子」風に進化!? 石村萬盛堂が監修し新商品

 銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子店「石村萬盛堂」が監修する「雪見だいふく」が、ロッテから11月1日に発売される。黄味あんとマシュマロ食感のアイスを餅で包むコラボ商品という。

 ロッテによると、40年以上前に冬季向けアイスの開発を目指していた担当者が、九州出張から土産として持ち帰ったのが鶴乃子。それをヒントにマシュマロでアイスを包んだ商品を1980年に発売。翌年にマシュマロを餅に替えた雪見だいふくを発売した。

 同社広報は「鶴乃子との出合いがなかったら雪見だいふくは誕生していなかったかも」。税込み198円。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR