迫力の「流鏑馬」に沸く 武雄神社

 武雄市武雄町の武雄神社で23日、835年の伝統がある市重要無形民俗文化財「武雄供日(くんち)の流鏑馬(やぶさめ)行事」があった。射手の華麗な身のこなしと勢いよく駆け抜ける馬の迫力に、多くの観衆が魅了された。

 行事は、神社が遣わしたシラサギの守護で源氏が1185年の壇ノ浦の合戦で平家を撃破したこと...

残り 272文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR