業者が証言を拒否、喚問中止に 武雄・ふるさと納税問題百条委

 武雄市のふるさと納税の返礼品発送が遅れた問題で、市議会調査特別委員会(百条委員会)は26日、業務委託業者を証人喚問したが、口頭での証言を拒否したため、中止した。今後の対応については、11月1日の百条委で協議する。

 この日は、ふるさと納税事業で募集や発送を担当していた同市内の太平商会の田中大志朗社...

残り 229文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR