「知的障害者の妊娠に支援を」 武雄新生児遺棄 県福祉審が報告書

 軽度の知的障害がある武雄市の女性が2019年12月に自宅のトイレで子どもを産み落とし、死体遺棄罪で有罪判決を受けた事件を受け、県社会福祉審議会児童処遇部会は再発防止に向けた検証と提言を盛り込んだ報告書をまとめ、県に提出した。知的障害者に対する性教育や支援の充実などを求めている。

 県が26日公表し...

残り 289文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR