佐賀1区は競り合い、2区は自民やや優位 衆院選終盤情勢

 31日投開票の衆院選を巡り、西日本新聞社は23~26日、佐賀県内2小選挙区の有権者に電話で世論調査し、取材と合わせて終盤情勢を探った。いずれも自民党前職と立憲民主党前職の一騎打ちで、1区は自民前職と立民前職が激しく競り合い、2区は自民前職が立民前職を抑えて一歩抜け出す勢い。回答した人の4割近くが投票先未定で、情勢は今後変わる可能性がある。

 1区は自民前職と立民前職が互角の戦い。小選挙区で2連敗中の自民前職は自民支持層の7割、公明党支持層の6割を固めた。立民前職は立民支持層の9割を押さえ、共産党支持層の7割に浸透する。無党派層は支持が拮抗(きっこう)しており、この層への浸透が勝敗の鍵となりそうだ。

 2区は自民前職を立民前職が猛追している。自民前職は出身地の唐津市などでリードを奪い、自民支持層の6割、公明支持層の8割を固めた。立民前職は小城市などで優位に立ち、立民支持層の9割、共産支持層の7割を押さえる。無党派層の支持では自民前職がややリードする。

 調査はコンピューターで無作為に発生させた番号に電話し、805人が回答した。 (北島剛)

 佐賀1区

岩田氏と原口氏、佐賀市で互角

 小選挙区での勝利に執念を燃やす自民前職の岩田和親氏(48)は、30~50代で優位に立つ。市町別では、みやき町や吉野ケ里町、神埼市で優勢を保つ。職業別では、農林水産業で支持が高く、前回は自主投票だった「県農政協議会」が推薦した効果がみられる。

 前回は無所属で、今回は立民から立候補した前職の原口一博氏(62)は、20代と60代以上でリード。市町別では、基山町でやや優位に立ち、有権者が最も多い佐賀市で互角の戦いを展開する。職業別では「その他、年金・無職」や専業主婦(夫)で先行している。

 佐賀2区

自民古川氏が一歩抜け出す勢い

 比例復活だった前回の雪辱を期す自民前職の古川康氏(63)は、30代からの支持が特に高い。市町別では、前回劣勢だった鹿島市や多久市、大町町で優勢。九州電力玄海原発がある玄海町でもリードを奪う。職業別では正社員・正職員や学生の層に人気がある。

 前回は希望、今回は立民から出馬して6期目を狙う前職の大串博志氏(56)は40代以上で古川氏と競り合う。市町別では、嬉野市や白石町でリードする一方、伊万里市などで苦戦。職業別では、農林水産業で先行し、契約社員・アルバイトなどからも支持を集める。

(衆院選取材班)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR