交通事故では何が証拠になる?

 Q 先日、車同士の物損事故に遭いました。どちらが飛び出したかについて双方の主張が違い、示談交渉がうまく進みません。警察の資料は使えないのでしょうか。その他に有効な証拠はありますか。

 A 交通事故の責任割合は事故状況によって決まります。そのため、交渉上も、事故状況の正確な立証がとても重要です。

 警察の事故記録も、民事の賠償交渉の資料として利用できます。ご相談のケースでも、物損事故用の報告書が作成されているはずです。通常は裁判の中や、弁護士からの照会によって報告書を取得しています。

 ただし、物損事故用の報告書は、警察が当事者から聞き取った事故内容をA4で1、2枚の用紙に記録したものです。警察の最終捜査結果ではありませんし、要点のみの情報で、常に役に立つとは限りません。

 この点、現在の交通事故処理で最も有効な証拠となるのはドライブレコーダーでしょう。事故状況のありのままの記録なので、とても強力な証拠です。車のスピード、運転者の声など、動画ならではの情報が得られるのも特長で、事故状況をつかむのに大変役立ちます。

 ドライブレコーダー記録のある事案では、事故状況自体はほとんど争いにならず、過失を何割と評価するかの交渉に集中できます。そのため、解決が早まります。

 ドライブレコーダーは、自分で簡単にできる証拠確保の手段です。事前の備えとして装着をお勧めします。前方だけでなく、できれば後方にも設置するといいですね。

 (桑田剛旗)

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR