歴史語りと和楽器のコラボイベント 北九州市門司区で30日

 源氏物語や平家物語などの「歴史語り」と邦楽楽器がコラボするイベント「語りて候」が30日午後2時から、北九州市門司区の関門海峡ミュージアム多目的ホールで開催される。

 フリーアナウンサーの池田昭代さん(鹿児島市)が脚本を書き下ろした源氏物語「夕顔」、平家物語「壇ノ浦」、「こんなぼっけもんがいた-五代友厚」の3題を語り、合わせて鼓、尺八、箏(そう)、琵琶の演奏がある。

 鼓は、和太鼓グループ「鼓友会」(東京)を主宰し、歌手石川さゆりさんの「天城越え」の鼓の演奏で知られる邦楽打楽器奏者の西川啓光さんが担当する。

 公演は1時間半の予定。入場料は4千円。問い合わせはInvention=099(811)1003。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR