畠山さん「北九州の人は温かい」 世界新体操開幕、大会の魅力PR

 新体操の世界選手権が27日、北九州市小倉北区の西日本総合展示場で開幕した。元日本代表でロンドン、リオ五輪に出場した畠山愛理さん(27)がインタビューに応じ、「北九州の方がたくさん拍手を送ってくれ、温かい。ベストを出そうと臨む選手たちに注目して」と話した。

 24日に閉幕した世界体操と同じく観客の上限を設けずに行われる今大会。畠山さんは、世界体操で選手たちが観客の拍手に応え、手を振っていた様子を振り返り、「お客さんがいる前で演技ができるのは選手にとってすごくうれしいし、力になるんだなと感じた」と強調する。...

残り 434文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR