集会に重鎮、オンラインで支持者連携…比例票積み増しへ知恵絞る

 衆院選で有権者が投じる「2票目」の比例代表票についても、筑豊地区で政党が争奪戦を繰り広げている。重鎮を集会に招いて注目を集めたり、オンラインなどで九州中の支持者と連携したりするなど、それぞれ特色を出して浸透を図る。

 衆院選の公示(19日)を間近に控える17日の夜。飯塚市のコスモスコモンのステージに福岡8区の自民前職で党副総裁の麻生太郎氏が立った。比例九州ブロックに候補を立てた公明党主催の「時局講演会」。来賓としてあいさつした。...

残り 1333文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR