【激戦区ルポ】実績か世代交代か 熊本2区、保守対決に吹く風は

 秋風が吹く中、道行くサラリーマンが足を止め、女子高校生はスマートフォンから視線を上げた。衆院選公示の翌20日午後、JR熊本駅(熊本市西区)前の広場は異様な熱気に包まれていた。

 「野田さんのような世代の後押しがなければ、時に政治は進まない」。選挙カーの上でこう訴えたのは、前環境相の小泉進次郎。約800人の聴衆が沸く。知名度抜群の若手政治家に持ち上げられた自民党前職の野田毅は、傍らで誇らしげな表情を浮かべた。...

残り 1142文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR