北部1年半ぶり引き下げ 南部は1年ぶり引き上げ 九州の10月財務局情勢報告

 福岡財務支局と九州財務局は27日、10月の管内経済情勢報告を発表した。北部(福岡、佐賀、長崎)は総括判断を「持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている」とし、昨年4月以来、6四半期(1年6カ月)ぶりに判断を引き下げた。一方、南部(熊本、大分、宮崎、鹿児島)は総括判断を「一部に弱さがみられるものの、...

残り 353文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR