オスプレイ配備巡り土地価格提示できぬ防衛省が協議で見解 

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイ佐賀空港配備計画を巡り、県有明海漁協は27日、自衛隊の空港共用を認めない公害防止協定覚書付属資料を見直すかどうかについて非公開で協議した。

 漁協の全15支所と防衛省、県の担当者が出席。終了後、同省九州防衛局の遠藤敦志企画部長が記者団の取材に応じ、配備予定地の土地価格...

残り 237文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR