平戸大々神楽を奉納 年に1度、全24番の舞

 平戸市岩の上町の亀岡神社の例大祭「平戸くんち」で26日、年に1度だけ全24番を舞う平戸大々神楽が披露された。

 松浦家29代鎮信公の命を受けた壱岐出身の神職、橘三喜が正保年間(1644~48年)、全国の一之宮を巡って神楽を調査し、その粋を集めて完成したとされる平戸神楽。1番「太鼓始」から24番「八...

残り 304文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR