首里城“みせる再建”へ仮設見学デッキ 沖縄の取り組みなど紹介も

 2019年10月31日に正殿などが焼失した那覇市の首里城に、再建が本格化する城内を見学しながら火災の状況などを学べる仮設の見学デッキが完成し、27日から一般公開が始まった。城壁の上に位置しており、市街地を一望できるビュースポットとしても楽しめる。

 デッキは首里城公園内の有料エリアにあり、全長139メートル、幅3メートル。再建を担う国が約2億円をかけて整備した。...

残り 131文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR