母の言葉【クリアキ・カリブー 栗秋正寿32】

 1997年3月15日、ぼくはひとり、冬のデナリ(米アラスカ州、6190メートル)の最終キャンプ(4940メートル)にいた。入山してちょうど1カ月になる。ブリザード、気温マイナス37度のなかを外に出ようとしたが、風圧と寒気で呼吸をするのも容易ではない。風速15メートルは下らないと思われた。

 ここでのビバーク、すなわち予定外の露営も2日目となった。前日、キャンプ5(4330メートル)を出発して最終キャンプ予定地(5240メートル)に向かったが、強風のため途中で登高をやめ、ここ4940メートル地点に雪洞(せつどう)を掘ってみた。...

残り 661文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR