あの日の春秋:日本よ日本 まだ守れるぞ(2005年10月21日)

人々の暮らしがある所には祈りや感謝を込めた祭事がある。何十年、何百年と継がれてきた。よほどの天災でもないかぎり途切れることはない▼山口県上関かみのせき町のいわい島の「かんまい」は1100年余にわたる伝承を持つ。航海中に島に漂着した大分県国東半島の人たちとの交流を起源とする。4年おきに行われる。1980年代に2度中止になった。天災のためではない▼対岸の長島で持ち上がった中国電力の原発建設計画が島民を分断した。祝島は過疎が進んでいた(現在は約600人)。浮揚のチャンスと思う人。古里が壊されると考える人。対立が高じて一時、伝統行事さえ遠ざけられた▼上関町は瀬戸内国立公園の一角にある。周防灘に突き出た半島の先の部分と島々から成る。景観の美しさはNHKのテレビ小説「鳩子の海」で全国に知られた。原発計画が浮上したのは、その7年後のことだ▼町長選や町議選が行われるたびに対立は激しくなった。祝島では親族間にも及び、誰々は葬式に出なかった、などという話も伝わった。賛成派も反対派も古里を思う気持ちでは負けていない。悲しいかな、美しい自然の中で人間関係が壊れていった▼計画が浮上して四半世紀近い。いくつかの裁判が続く。その一つに広島高裁は中国電力勝訴の逆転判決を言い渡した。この間、「神舞」は「子どもたちのために」と復活された。壊れたものの修復に、判決はどこまで貢献するのだろう。(2005年10月21日)

 特別論説委員から「鳩子の海」といえば、広島原爆で記憶を失った少女、鳩子の歌声を思い出す。斉藤こず恵さんが演じた。♩日本よ日本 愛する日本 緑の日本 青い海/日本よ日本 わしらがお国 まだ守れるぞ 時間はあるぞ ド・ドンがドン。きょうは愛する日本の針路を決める総選挙の投票日。原発も争点の一つだ。♩まだ守れるぞ 時間はあるぞ ド・ドンがドン、と投票へ行こう。(2021年10月31日)

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR