福岡2区 衆院選立候補者アンケート

 31日投開票の衆院選で、西日本新聞社は選挙区の立候補者にアンケートを実施しました。新型コロナウイルス対策、子育て支援、年金・社会保障などについての考え方を聞きました。回答を紹介します。

(1)新型コロナウイルス対策で何を重視しますか

(2)新型コロナの影響を受けた地域経済をどう立て直すべきだと思いますか

(3)子育て支援を含む、少子高齢化対策を教えてください

(4)年金・社会保障についての考えをお聞かせください

(5)選挙を通じて最も訴えたいことを自由に記述してください

▶▶衆院選立候補者一覧

 福岡2区(届け出順)

新開崇司氏(維新新人)

(1)医療提供体制の強化。国産ワクチン・治療薬の早期開発・承認への支援

(2)既存支援策の継続。ワクチンパスポートまたは陰性証明書を活用し、社会経済活動を加速化させる

(3)幼児教育から高等教育まで完全無償化。子育てバウチャーや教育バウチャーの全国導入

(4)基礎年金は全額税負担。ベーシックインカムを基軸とした再分配の最適化・統合化を推進する

(5)社会保障制度を改革し、全国民平等に生活に必要な一定額を毎月無条件給付するベーシックインカム導入

鬼木誠氏(自民前職)

(1)国産ワクチン・治療薬作りを進め、新型コロナウイルスの根本的解決を進めていく

(2)旅行・イベント・飲食など、消費を喚起する施策を速やかに打ち、一刻も早い景気の回復を図る

(3)結婚して家庭をもてる環境をつくるべく、子育て関連の税制や予算など経済的なサポート策を提案する

(4)いつまでも安心、笑顔で暮らせるよう持続可能な社会保障制度を構築する

(5)「今を乗り越え、未来を創(つく)る」。コロナを克服し経済を再生、そして豊かな日本を次世代に繋(つな)ぐ

稲富修二氏(立民前職)

(1)治療薬の開発、既存薬の活用、ベッドと医療人材の確保。事業者、大学生などへの支援の充実

(2)事業者に対する給付金の要件緩和、対象拡大、再支給を図り、消費税5%減税により消費を刺激する

(3)子育てを含め、誰もが安心して暮らせる社会に向けてベーシック・サービスの質、量を拡充させる

(4)世代間公平に配慮した年金制度を設計し、格差を是正する社会保障制度を構築する

(5)コロナ禍で2度も政権を投げ出した自民党に危機管理は任せられない。与野党伯仲で日本再建を始める

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR