福岡3区 衆院選立候補者アンケート

 31日投開票の衆院選で、西日本新聞社は選挙区の立候補者にアンケートを実施しました。新型コロナウイルス対策、子育て支援、年金・社会保障などについての考え方を聞きました。回答を紹介します。

(1)新型コロナウイルス対策で何を重視しますか

(2)新型コロナの影響を受けた地域経済をどう立て直すべきだと思いますか

(3)子育て支援を含む、少子高齢化対策を教えてください

(4)年金・社会保障についての考えをお聞かせください

(5)選挙を通じて最も訴えたいことを自由に記述してください

▶▶衆院選立候補者一覧

 福岡3区(届け出順)

古賀篤氏(自民前職)

(1)ワクチン接種の促進や医療提供体制の拡充。家計・事業者支援の継続、各助成金による雇用の確保

(2)観光や交通などコロナ後も影響を受ける分野への支援を行うほか、新たな地域社会の構築を図る

(3)保育士の処遇改善など保育環境の整備。また、教育費や住居費支援により子育て世代の負担を軽減する

(4)医療、介護、年金など社会保障全般の総合的な改革をさらに進め、持続可能な全世代型社会保障を構築する

(5)コロナ収束に全力を挙げるとともに、社会保障改革や農林水産業、商工業の振興、インフラ整備に取り組む

山内康一氏(立民前職)

(1)①入国時の水際対策の徹底②PCR検査の拡充と無償化③休業補償の充実④コロナ病床の増加

(2)①事業者向けの持続化給付金と家賃支援給付金の支給②住民税非課税世帯や子育て世帯向け給付金支給

(3)公教育と子育て支援の政府支出増により家計負担軽減。学校給食の無償化。大学や専門学校の授業料軽減

(4)社会保障費抑制の流れを変え、医療、介護、障がい者福祉などのベーシックサービスを充実し自己負担軽減

(5)社会保障費や教育費を抑制する「小さな政府」路線から、誰一人取り残さない「支え合う社会」へ変える

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR