葦平の三男、玉井史太郎さん追悼 河伯洞記念誌「あしへい」完成

 芥川賞作家の火野葦平の三男で、1月に83歳で死去した玉井史太郎(ふみたろう)さんを追悼する、河伯洞(かはくどう)記念誌「あしへい」が完成した。従軍記「麦と兵隊」などで人気を集めた葦平は戦後、戦争協力者との批判も受けた。そんな父親の再評価に尽くした足跡や人柄を...

残り 684文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR