福岡5区 衆院選立候補者アンケート

 31日投開票の衆院選で、西日本新聞社は選挙区の立候補者にアンケートを実施しました。新型コロナウイルス対策、子育て支援、年金・社会保障などについての考え方を聞きました。回答を紹介します。

(1)新型コロナウイルス対策で何を重視しますか

(2)新型コロナの影響を受けた地域経済をどう立て直すべきだと思いますか

(3)子育て支援を含む、少子高齢化対策を教えてください

(4)年金・社会保障についての考えをお聞かせください

(5)選挙を通じて最も訴えたいことを自由に記述してください

▶▶衆院選立候補者一覧

 福岡5区(届け出順)

堤かなめ氏(立民新人)

(1)新たな変異株の流入を防ぐための水際対策の徹底。保健医療体制、宿泊療養施設の充実

(2)競争力偏重の農政から脱却し、戸別所得補償を復活させるなど、多種多様なやり方で第1次産業を支える

(3)ジェンダー平等を実現し、男女とも育休中に100%の賃金保障をし、働き続けることができる社会に

(4)現政権が格差を広げる改革をした。大企業や富裕層への課税率を見直し、安心して暮らせる制度を構築する

(5)国民のSOSを国に届ける。虐待・DV・性暴力根絶、障害者や子育て支援強化、ジェンダー平等の実現

原田義昭氏(自民前職)

(1)病床、医療人材の確保や、保健所の体制、水際対策の強化。国産ワクチン・治療薬の早期実用化

(2)中小・小規模事業者支援のため、実質無担保融資や劣後ローンの対象拡大による金融支援策を拡充する

(3)保育士や教師の処遇を改善し、子育て関連の受け皿を整備。健康寿命の延伸と介護環境の整備も進める

(4)持続可能な全世代型社会保障を構築する。併せて基礎的財政収支黒字化の目標時期を再設定する

(5)コロナ禍対策が最重要。社会構造問題の対応を急ぐ。中国への外交、防衛を強化し「台湾有事」に備える

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR