米価下落直撃の筑後 外食産業の需要減「若手が奮い立つ政策を」

 福岡の「穀倉地帯」の筑後地区は稲作農家が多い。だが2021年産のコメ価格は大きく下がり生産者を直撃している。コロナ禍で外食産業の需要が減り、コメ余りが深刻なためだ。各農家は生産調整で大豆を作るなど対策を取るが、減収分を賄うのは難しい。21年産米の福岡の作況指数(平年=100)は...

残り 1062文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR