九電工、2年ぶり増益 9月中間、不採算工事が減少

 九電工(福岡市)が28日発表した2021年9月中間連結決算は、純利益が前年同期比18・8%増の98億4300万円となり、中間期で2年ぶりの増益だった。不採算工事の減少で利益率が改善した。

 売上高は12・2%減の1581億9400万円で2年連続の減収。大型案件だった東京五輪関連工事の反動減や、工程が...

残り 166文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR