ゼンリン3年ぶりの増収 9月中間、カーナビ用の地図販売が回復

 ゼンリン(北九州市)が発表した2021年9月中間連結決算は売上高が258億8千万円、経常損益は3億2200万円の赤字、純損益は8千万円の赤字だった。会計基準変更で単純比較できないものの、中間期として3年ぶり増収。経常、純損益の赤字幅も縮小した。前年同期は新型コロナウイルスの影響で...

残り 246文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR