九州半導体、投資相次ぐ 供給不足、経済安保が追い風

 半導体産業が集積する九州で、大型の設備投資が相次いで表面化している。世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の新工場の建設のほか、国際競争力が高い拠点でも増強や新設の動きがある。大きな浮き沈みを経験した、かつての「シリコンアイランド」で何が起きているのか。

...

残り 2061文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR